理学療法士になりたいなら専門学校に通おう

医療が学べるスクール

男性

大阪医専大学は、実践的な教育を行うスクールとして知られています。卒業まで手厚いサポートが受けられますので、安心して学べるスクールです。抜群の就職率を誇る大阪医専大学は、地元でも評判を呼んでいます。確かな実力が身につくとして、人気の高いスクールです。

学校によって異なる点

女性

国家試験合格対策

理学療法士になるために必要なことは、厚生労働省が認可する大学や専門学校で勉強し、国家試験に合格することです。最終的に必要なのは国家試験に合格することですから、学校選びをするためには、国家試験に強い学校を選ぶことが大切です。国家試験では、学校の授業で習う知識について問われるだけでなく、実技や実習で培った実地試験が行われます。この点、専門学校では実技に重視を置いた教育が行われることが多いため、実地試験に強いと言えるでしょう。一方で、国家試験専用の対策がしっかり行われているかどうかは、専門学校によって大きく対応が異なるようです。学校を選ぶ際には、国家試験の合格率が高く、その裏付けとなる試験対策が充分行われていることをポイントとしましょう。

性別に関係なく人気

理学療法士になりたいという方は男女ともに多く、現場スタッフの男女比はほぼ同等と言われています。その理由に迫ると、理学療法士は看護師などとは異なり夜間勤務があるケースがほとんどないため、女性でも働きやすいからです。また、仕事内容に男女で大きな差がないため、あまり性別に関係なく働くことができるのが理学療法士の特徴です。このような理由もあって、理学療法士の専門学校における男女バランスも1対1であることが多く、性別に関わらず人気を集めています。一方で、専門学校の教員スタッフの男女バランスは男性教員の方が多いのが一般的です。女性教員が多い専門学校を選択したいという場合には、パンフレットなどから情報収集する、または、学校を直に訪問することを心がけましょう。

ケア技術が学べるスクール

マッサージ

リンパマッサージのスクールは、将来プロとして仕事をするために入学する方が多いです。リンパマッサージの知識や技術を学ぶのが、学生の大きな目的です。各スクールで開催されている体験授業は、より詳しい情報が得られるというメリットがあります。

どうやって取得するか

看護師

看護士の資格を取得するには、高校を卒業してから養成施設で必要な知識や技術を勉強し、国家試験に合格しなければなりません。資格を取得した後は、病院や診療所、訪問看護ステーションなどの現場で活躍することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加