どうやって取得するか|理学療法士になりたいなら専門学校に通おう

理学療法士になりたいなら専門学校に通おう

どうやって取得するか

看護師

免許を取得するには

看護士として働くためには、国家試験に合格し、免許を取得しなければなりません。看護士になるには、いろいろな方法がありますが、ここでは、高校卒業後、看護士になる一般的なルートを紹介します。国家試験の受験には、受験資格が必要です。高校を卒業した後、養成施設で3〜4年の専門教育を受けると、受験資格がもらえます。養成施設には、看護専門学校・看護短期大学・看護大学があります。国家試験は簡単な試験ではありません。ですが、その合格率は例年90%前後と高く、学校でしっかり勉強していれば合格できるレベルとなっています。一方、養成施設である看護学校の入学試験は、一般的に難しいといわれています。看護士になる関門は、国家試験よりむしろ養成施設の入学試験にあるといえそうです。

活躍できる場所

看護士の資格を取得すると、どのような場所で働けるのでしょうか。代表的な仕事場所は、病院や診療所です。その他にも、訪問看護ステーション・社会福祉施設・老人保健施設・乳児院・学校など、様々な場所で活躍できます。高齢化社会を迎え、看護士の活躍場所は、さらに広がっていくでしょう。また、海外での医療協力に参加するなど、日本だけでなく海外にも活躍の場はあります。看護士の資格を取得した後で、保健師や助産師の国家試験に挑戦し、自分の力で活躍の場を広げることもできます。保健師・助産師試験の受験資格を得るためには、本来、看護士の資格を取得後、専門の教育機関に行かなければなりません。しかし、4年制の看護大学や、保健師・助産師養成カリキュラムのある看護専門学校で学ぶと、卒業時に受験資格が与えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加